弱虫ペダル ネタバレ【661】

ネタバレ

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【661】をお送りします

スポンサーリンク

あらすじ

カフェまで本気の勝負をしていた坂道と雉だったが、

雉が信号を守り勝負はお預けに

カフェでのひと時を終え帰ろうとした時、雉が

”ロード参戦”を表明して…!?

 

★目次はこちら★

前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【660】

をどうぞ!

 

想定外の宣戦布告

MTB2連覇王者雉弓射が

ロードレースに参戦!?

 

それでは、弱虫ペダルのストーリーを一緒に見ていきましょう

RIDE-661:POSSIBLE

 

カフェの前で雉が宣戦布告する

小野田
「…… マ… マウンテン…バイク
3連覇と ロードレース…での 優勝……

2つの競技での……………
ダブルタイトル…!! 2冠…!!

それが… 雉くんの 来年… 3年目の…
目標………!!」

雉の言葉に、衝撃を受け、目を見開く小野田


「そう!! 面白そでしょ? ヨン♪」

小野田
「(雉くんが… ロードレースを…)」


「オレがロード走るって意外?」

小野田
「え… いや」


「けど
MTBとかのオフロード系の選手がロードの
トップレースを走るって事例は
近年 世界的に見れば少なくない

平地や山のゴールで 他の選手を圧倒して
何度も優勝してる」

小野田
「!!」


「それはオフロードで培われた 持久力
瞬発力 パワー バランス力 テクニックが
そのままロードに応用できるってコトだヨン!!

小野田
「(応用…!!)」


「ま モチロン いきなりはムリだ
もちっと ロードレースのこと勉強しないと
それにロードレース用の練習もね!

じゃないとさすがにスペシャリストには勝てない
けど 来年まではまだ時間はたっぷりある

MISSION POSSIBLE 不可能なことじゃない!!
ヨン」

 

寒咲自転車店に向け、帰り道を走り始める2人

前を走る雉を見る小野田

小野田
「(雉くん… 2つの目標… すごい…)」

雉は段差がある場所では、シュークリームが
傾かないように、ぴょいと飛び上がりソフトに
降りるということを簡単にしている

雉が振り返り、話しだす


「あ ちなみにさっきの話
逆にロードの選手がMTBのトップレースを
走って優勝―――っていう事例はない」

小野田
「えっ へ―――っ」


「もちろんアソビで速い選手はいるけど
MTBは小さい時からやってバランスや
スピード感覚を身につけないと難しいんだ
と思う

MTBは衝動と本能と反射
メッチャ大事だから」

ニカッと笑う雉

小野田
「(うわ~~ 自身に満ちた笑顔~~
雉くんなら本当にダブルタイトルやっちゃい
そうな気がする~~!!)」

 

寒咲自転車店に戻り、迎えに来た父親の車に
乗って帰る雉を見送る3人

寒咲兄
「帰ってったな 雉 弓射
MTBチャンピオン………」

小野田
「はい」

寒咲兄
「どうだった あいつのバイクさばきは」

小野田
「はい メチャクチャすごかったです」

寒咲兄
「手足のように?」

小野田
「はい 本当にそんな感じで…」

寒咲兄
「インターハイロードに出るつってたか」

小野田
!! はい あの どうしてそれを…」

寒咲兄
「ま なんとなくな 3年目の集大成
つきつめてきゃそうなるだろうなって
おまえの気持ちはどうだ」

小野田
「!!」

寒咲兄
「ヤツが真っ向勝負で敵になる
1対1になりゃあ相当手強い
『やっかいなのが敵になった』か? 小野田!!

小野田
「あの…
ボクもきいた時は初め すごくびっくりしました
しばらく言葉もでませんでした
だけど 時間がたって 今 思ってるのは…
た 楽しみだなって」

明るい表情で話す小野田に、あっけにとられる
寒咲兄

小野田
「イ インターハイに出るってことは
同じレースを走るってことじゃないですか!!

雉くんとは本来同じレースは走れないんですよ
あ… そのためにはボクもインターハイメンバー
に入れるようにがんばらないとですけど

もし 来年も インターハイ走れるなら
来年の夏―――――

同じ景色を見ることが一緒にできるんだなって
思ってます!!」

嬉しそうに語る小野田

寒咲兄
「おう!! そうだな ガンバレよ!!
キャプテンなんだしな」

小野田
「はい そうなんです
気を引き締めてですね…」

寒咲兄
「(すげぇな… 『畏れ』でも『敵意』でもなく
『楽しみ』――――か…
そいつは最高の武器だぜ? 小野田!!)

 

空を見上げながら思う小野田

小野田
「(来年のインターハイ
皆に雉くんを紹介したら何ていうかな
御堂筋くんに… もちろん 真波くんにも!!)」

 

その頃
箱根学園では伝統の恒例行事である3年生の先輩
の追い出し親睦走行会が行われようとしていた

遅刻常習犯の真波は、時間前に来たものの、着替
えはおろか朝食もまだで、新開に呆れられる

ファンライドといいつつも、後半はレースになる
というこの行事だが、今日は特別ゲストも来ると
いう

 

支度する真波から離れ、バイクを転がす新開

新開悠人
「いや――――― 全く…あの人
キャプテンの自覚あんのかねー

なーにが 特別ゲストすか 誰だよ
気がのらねー 途中でぬけようかなー
道まちがえましたーつって…」

そんな新開に特別ゲストが声をかける


「よ 悠人 久しぶりだな」

 

感想

やっぱりMTBの人はロードでも強いのか!

そしていきなり優勝かっさらっていったりするのかー!!

そんな予感はしてたけど

だってバイクの扱い方が桁違いって感じですもん

雉くんは宣戦布告なのに、それに対してなにくそ

負けるもんかーってならないのが小野田くん

雉くんすごいねー

本当に2冠できちゃうかもねー

一緒に走れたら楽しそう♪ですもんね

でもそのことが強みでもあるらしい??

さて、箱根学園の追い出し走行会が始まります

特別ゲストは誰かな??

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました